最新情報

2016年11月7日FXの取引
初心者がFXを始めるときの注意点
2016年11月4日様々な投資法
FXと似ているバイナリーオプション
2016年4月5日FXの取引
米国の雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)を見るべし
2015年12月16日投資詐欺の実例
ライトオンサプライのうなぎプロジェクトに注意!
2015年12月10日株の投資
iPS関連株 ストップ高でノーベル賞効果絶大

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

初心者がFXを始めるときの注意点

FXは、安全で手っ取り早く金額を稼ぐことができるため、サラリーマンの副業として注目されています。

FXとは、ドルやユーロなどの世界通貨を取引し、その差額を利益として得る金融商品のことを言います。日本円で取引をすると金利がつきやすくなります。

初心者の場合は、金利差を求めて取引するのが望ましいと言われています。しかし、FXを始めるにはどうしたらいいのかは、迷うところです。そんなときに利用するのがFXの比較サイトです。

比較サイトには、国内海外問わず多くのFX会社の情報が掲載されており、初心者が注意しなければならない情報やキャンペーンなどの情報が掲載されています。どの会社が自分に合っているかなどを見ることができるので必ず見ることが望ましいです。

FXには、リスクを伴います。証拠金についての保証などを見て、適切な会社を見極めると良いです。数多くの比較サイトがありますが、すべてのサイトを見るには時間がかかります。初心者の場合は、稼ぎやすい会社をランキング形式で掲載されているサイトを見てみると良いです。

また、会社に関する口コミなどを見て判断すると良いです。初心者の場合は、国内のサイトを中心に見ることがおすすめですが、国内の場合は、金融庁の規制が厳しくなり、資産状況いかんでは、審査に通りにくい場合があります。そんなときに、FX会社を海外に求めることも多々あります。

海外の場合は、金融庁の規制を受けないので比較的審査に通りやすい会社が多いです。審査の際には、運転免許証などの必要書類のほか、公共料金の明細などを見せなければなりません。申し込みの方法は、インターネットで簡単にできますが、郵送物がある場合は、口座開設に時間を要します。口座開設後に、入金後すぐに利用することができます。

会社により、キャンペーンを開催しているところもあり、キャッシュバックされた金額を元手にノーリスクで取引をすることも可能です。FX比較サイトには、お得な情報が満載ですから一度は目を通して見てみることが望ましいです。比較サイトには、ユーザーの目線で記述されているので、信用できるサイトが多いです。

タグ

2016/11/07 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:FXの取引

FXと似ているバイナリーオプション

FXに類似している機能にバイナリーオプションがあります。

バイナリーオプションとは、ある程度の時間の間に通貨が上がるか下がるかいわゆるハイかローかのどちらかを選択します。いわゆる表か裏かのどちらかを見極めるだけでFXよりは簡単に取引をすることができます。二者択一で、為替の動向をチェックする方法です。

バイナリーオプションには、要所要所でFXの理論が取り入れられています。FX会社の中には、バイナリーオプションを運営している会社もあります。国内のFX会社のほとんどがバイナリーオプションを金融商品として取り扱っています。バイナリーオプションは、国内のみならず海外でも運営されています。

国内の場合は、金融庁による規制が厳しく、審査に通りにくいといわれています。その一方で海外のバイナリーオプションの場合は、運営元は、現地なので、金融庁の影響を受けにくいとされています。口座開設の審査にも時間がかかりません。国内の場合は、郵送物があり、その分実際の取引に時間がかかりますが、海外の場合は、入金後には、即日で取引をすることが可能です。

バイナリーオプションの会社は、インターネットで検索をすると出てくる場合がほとんどですが、初心者の場合は、比較サイトで情報や口コミを確認することが望ましいです。これらの情報を確認することで不安なく申し込みをすることが可能です。

バイナリーオプションの取引金額は、FXと比べても少額でできます。そのため損失等が少ないといわれています。会社によっては50円からの取引を実施しているところもあります。また、FXと同じく入金後のボーナスを付帯しているところもあります。比較サイトで自分にあった会社を選んで後悔のないように取引をすることが望ましいです。

口座への最低入金額は最低でも5000円から可能です。入金も取引も少額でできるのがバイナリーオプションの魅力です。投資の初心者の場合は、まずバイナリーオプションから始めて自信がついたらFXの取引を検討するのも選択肢の一つです。また、為替の動向はチャートなどで攻略することで、利益を出しやすいです。

タグ

2016/11/04 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:様々な投資法

米国の雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)を見るべし

FXのトレーダーが一番関心を向ける日があります。

それは、毎月の第一金曜日です。

この日は、米国の雇用統計が発表される日であり、FXトレーダーの殆どがチャートに着目します。トレーダーの中には、外出を控えたり残業をしないで家路を急いだりする方もいます。スマートフォンでチャートをチェックできるようになったとは言え、落ち着いてトレードするには自宅が一番という方もまだまだいます。

そんな米国の雇用統計は、時間にして22時30分に発表されます。夏期は1時間早まって21時30分です。雇用統計は、発表後に値動きが激しくなるのでこの時を狙って勝負するトレーダーもいます。

お金とチャート

なぜ、米国の雇用統計の発表後に値動きが激しくなるのか?

為替のレートが動く最大の要因は金融政策にあります。金融政策を決めるのは米国の中央銀行なのですが、その判断の参考にしているのが雇用統計だからです。雇用統計の数値によって金融政策が決まると言ってもおかしくありません。

米国の雇用統計では、「失業率」なども一緒に発表されますが、一番の決め手は「非農業部門雇用者数」(NFP)になります。NFPの数値が予想より上か下か同じかで値動きが変わってきますので、ポジションを持っていなくてもFXの勉強のため毎月第一金曜日はチャートをチェックするのがいいかもしれません。

タグ

2016/04/05 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:FXの取引

このページの先頭へ